日本人の美の源泉は自然にあり

毎週月曜よる8時54分 BS-TBSにて放送 BS-TBS公式HP

これまでの放送

2021年10月25日(月)放送
#10 「京都はなぜ素敵なのか?」

誰もが知る古の都、京都。しかし、京都の魅力は、それだけにとどまりません。
南北に伸びる京都府には、土地ごとの美しい表情があることをご存知ですか?
緑鮮やかな茶畑が広がる「お茶の京都(府南部)」、自然の恵み豊かな「森の京都(府中部)」、日本三景、天橋立がある「海の京都(府北部)」。そんな京都の3つの魅力を体感できるアートフェスティバル「ALTERNATIVE KYOTO もうひとつの京都」が、京都府全域で開催中です。

ALTERNATIVE KYOTO もうひとつの京都

KYOTOGRAPHIE

2021年10月18日(月)放送
#9 「日本の怪獣はなぜ世界に認められたのか?」

日本のみならず世界でも多くのファンをもつ、怪獣「ゴジラ」。
「ゴジラ」の生みの親で、“特撮の父”として広く知られる円谷英二の生涯を辿る展覧会「生誕120年 円谷英二展」が現在開催中です。映画のカメラマンとしてキャリアをスタートさせてから、着ぐるみの怪獣とミニチュアセットを活用した独自の手法で、特撮映画・怪獣映画という新たなジャンルを切り拓いた円谷英二の世界に迫ります。

生誕120年 円谷英二展

《おすすめの展覧会》

庵野秀明展

※この回の映像は、著作権処理の都合上、ご覧いただけません

2021年10月11日(月)放送
#8 「北陸はなぜ工芸王国なのか?」

富山、石川、福井の北陸三県で同時開催されている北陸工芸の祭典「GO FOR KOGEI 2021」。特別展Iは、その土地の風土や歴史を体現する文化財の古刹や神社が会場となっていて、総勢20名のアート作品がその空間に呼応した大きなスケールで展示されています。なぜ北陸で生まれた多くの伝統的工芸品は、今に受け継がれ、現代アートへと昇華しているのか?その秘密は人々の暮らしの中にありました。

北陸工芸の祭典 「GO FOR KOGEI 2021」

この回の映像を見る

2021年10月4日(月)放送
#7 「延暦寺はなぜ焼き討ちから復興したのか?」

京都と滋賀の県境に、100を越えるお堂を擁する天台宗の総本山、比叡山延暦寺があります。今年は、天台宗の開祖であり、日本仏教の礎を築いた伝教大師・最澄が亡くなって、1200年の節目の年。そして織田信長による焼き討ちから450年の年でもあるのです。焼き討ちによって壊滅的な被害を受けた延暦寺の復興の秘密を紐解きに、比叡山へ向かいます。

伝教大師一千二百年大遠忌記念事業「最澄と比叡山」〜最澄の志を継ぐ堂塔〜

国宝殿特別展「戦国と比叡 ~信長の焼き討ちから比叡復興へ~」

この回の映像を見る

2021年9月27日(月)放送
#6 「なぜ北の大地は芸術を育てるのか?」

昨年、北海道・白老町に誕生した「ウポポイ(民族共生象徴空間)」。国立アイヌ民族博物館をはじめ、先住民族アイヌの歴史と文化に特化した日本初の施設です。アイヌ文化と地域独自の文化が共存する白老町では「白老文化芸術共創」というプロジェクトが展開中。アーティスト達が、自然豊かな白老に滞在しながら創作活動を行い、新たなアートを生み出しています。

ウポポイ(民族共生象徴空間)

「白老文化芸術共創 -ROOTS & ARTS SHIRAOI-」

この回の映像を見る

2021年9月20日(月・祝)放送
#5 「火焔型土器はなぜこの形なのか?」

燃え盛る炎のような立体的な造形が、人々を魅了する「国宝 火焔型土器」。40年前、新潟県・十日町の笹山遺跡から出土した縄文時代中期を代表する土器です。
なぜ縄文人は、こんな大胆なデザインの土器をつくったのでしょうか?
そのヒントを求めて、滋賀県立陶芸の森で開催中の「やきもので繋ぐJOMON×未来 -多彩な表現展2021-」を訪ねます。

「やきもので繋ぐJOMON×未来 -多彩な表現展2021-」

この回の映像を見る

2021年9月13日(月)放送
#4 「江戸はなぜ世界一賑わったのか?」

18世紀初頭、江戸は推定で100万人もの人口を擁する都市でした。
特別展「大江戸の華」では、江戸の武家や商家の儀礼、祭りなどの年中行事をとりあげ、大都市・江戸の人びとの暮らしや、人生における“ハレ”の場面を紹介します。活気に溢れた華やかな「江戸」の繁栄の秘密に迫ります。

特別展「大江戸の華ー武家の儀礼と商家の祭ー」

この回の映像を見る

2021年9月6日(月)放送
#3 「聖林寺の十一面観音菩薩立像はなぜ美しいのか?」

奈良時代(8世紀)につくられ、日本彫刻の最高傑作と名高い「国宝 聖林寺十一面観音菩薩立像」。この菩薩像が、初めて奈良を離れ東京国立博物館で公開されています。
この世を見渡し、あらゆる人の悩み、苦しみを救う十一面観音。多くの人々を魅了してきたその比類なき美しさの秘密を求めて、奈良・三輪山を訪ねます。

特別展「国宝 聖林寺十一面観音 -三輪山信仰のみほとけ」

この回の映像を見る

2021年8月30日(月)放送
#2 「日本のファッションはなぜ世界を魅了するのか?」

日本の名だたるデザイナーの作品が⼀堂に会した夢のファッションショーのような展覧会「ファッション イン ジャパン」が国立新美術館で開催されています。⽇本に本格的に洋装が広まりだした戦後から現在までの日本の装いの文化の軌跡をたどりながら、その独自性で世界からも注目を集め続ける日本のファッションの原点を探ります。

「ファッション イン ジャパン1945-2020 流行と社会」

この回の映像を見る

2021年8月23日(月)放送
#1 「なぜ国立競技場は木なのか?」

日本を代表する建築家、隈研吾。かつてコンクリート建築の巨匠丹下健三が手がけた国立代々木競技場に魅了され建築家を志した彼が、二度目の東京オリンピックのシンボルとして造りあげたのは、とことん「木」にこだわった国立競技場でした。現在開催中の「隈研吾展」をめぐり、日本人と木の関係を紐解きます。

「隈研吾展 新しい公共性をつくるためのネコの5原則」

この回の映像を見る

ページトップへ